株式会社ハセテック

溶接技術

溶接技術

Welding

ハセテックでは、ロウ付け溶接を主力として、その他、はんだ付け、TIG溶接にも対応しております。

ロウ付け溶接

ロウ付けとは、ロウ材という接合用の材料を使って金属同士を接合させる技術です。
他の溶接方法とは異なり材料(母材)を溶かさないので、変形が少なく精密で強固な接合ができるのが特長です。

このため、通常の溶接では難しい異材質同士の接合や、薄肉・小物部品等の接合に必要不可欠な技術として様々な分野で活用されています。

ただし、高度なロウ付けを行うには熟練した職人の技が必要となります。

ハセテックは創業以来、半世紀以上にわたって溶接技術を磨き続け、ロウ付け溶接のパイオニアとして、常に高い技術力で全国のお客様から高い信頼をいただいています。

ハセテックの溶接技術

ハセテックでは、銅と真鍮などの異素材同士、無垢材とパイプといった厚さの違う素材同士の接合に精通しています。

熟練した職人の豊富な経験と対応力の高さで、お客様の幅広いご要望にお応えいたします。

的確で強度の高い接合を行うことはもちろんのこと、ロウ材の無駄を抑えてスピーディーな作業が行える点にも、当社の技術力の高さが表れています。

対応可能な溶接の種類

当社では、熟練の職人の手による高度なロウ付け溶接から、自動ロウ付け溶接機での大量生産に至るまで、お客様のご要望に応じた柔軟な対応が可能です。

はんだ付けに関しても、ロウ付溶接で培った技術を活かし、精密ハンダ付けから強度を要する銀ハンダ付けまで幅広く取り扱っております。

TIG溶接では、日々変化する市場のニーズに対応するため、常に技術の向上に努めると共に、これまで手がけたことのない分野の製品にも積極的に挑戦しております。

これら様々な溶接方法を駆使し、お客様の幅広いご要望に対応いたします。

ロウ付け

材料(母材)より低い融点の「ロウ材」を溶かし、材料同士の隙間に流し込むことによって接合する技術です。異素材、異形状の接合、精密さや気密性が求められる接合箇所に広く用いられています。
なお、ロウ材についても、長年の経験と知識で製品に最適なものをご提案させていただいています。

はんだ付け(半田付け)

熱で溶かしたはんだによって金属を接合します。
ロウ付けよりもスピーディーで低コストなため、強度のいらない製品などに向いています。

TIG溶接

アーク放電を利用した非接触溶接で、主にステンレスなどを強固に接合することができます。

溶接対応可能なもの

対応素材
銅、ステンレス、真鍮、鉄 他、詳しくはお問い合わせください。
使用可能なロウ材
銀ロウ、りん銅ロウ、黄銅ロウをはじめ、各種ロウ材に対応しています。

動画

Video

加工工程や工場の様子を動画でご覧いただけます

溶接 手動ロウ付け

溶接 自動溶接機 ロウ付け

ハセテックでは、ロウ付け溶接を主力として、その他、はんだ付け、TIG溶接にも対応しております。ロウ付けとは、ロウ材という接合用の材料を使って金属同士を接合させる技術です。

他の溶接方法とは異なり材料(母材)を溶かさないので、変形が少なく精密で強固な接合­ができるのが特長です。このため、通常の溶接では難しい異材質同士の接合や、薄肉・小物部品等の接合に必要不­可欠な技術として様々な分野で活用されています。ただし、高度なロウ付けを行うには熟練した職人の技が必要となります。

ハセテックは創業以来、半世紀以上にわたって溶接技術を磨き続け、ロウ付け溶接のパイ­オニアとして、常に高い技術力で全国のお客様から高い信頼をいただいています。

またハセテックでは 自社製造の自動溶接機が合計8台あり、それぞれの製品に合わせた治工具を作製し、正しくスピーディーに量産することもできます。

製作実績

Portfolio

給湯器部品 バーリング加工後の銅管溶接加工例
(材質:銅管)

給湯器部品 真鍮同士の溶接加工例
(材質:真鍮)

給湯器部品 太さの違う銅管同士の溶接加工例
(材質:銅管)

給湯器部品 真鍮と銅管の溶接加工例
(材質:真鍮と銅管)

床暖房部品 真鍮と銅管の溶接加工例
(材質:真鍮と銅管)

給湯器部品 ステンレスの溶接加工例
(材質:ステンレス)

溶接品 SUS本体に銅管をハンダ付け
(材質:ステンレスと銅管)

給湯器部品 銅管と銅・真鍮部品の溶接加工例

熱交換器 SUS管のTIG溶接(仮どめ)

ページTOPへ

溶接担当者インタビュー

Interview

部門担当者が仕事にかける想いや夢を語ります。

お名前と仕事の内容を教えてください。

坂井:溶接を担当している坂井です。

主に銅管パイプと真鍮の切削品をロウ付け溶接したり、自動溶接機の操作をしています。

溶接品はたくさん種類があるので、予定表を見て、納期に間に合わせるように気をつけながら作業をしています。

仕事を覚える上で大変だったことは何ですか?

坂井:溶接を始めた頃は、なかなか上手にいかず、パイプや切削品を溶かしてしまい、不良品を出す事が多くありました。

そのたびに、上司や先輩の方から溶接している所を見させて頂いたり、教えてもらった事を参考にしながら作業をしました。

仕事でやりがいや喜びを感じる瞬間を教えてください。

坂井:取引先から不良の報告がない期間が続くと、うれしく思います。

もちろん、これはベンダー課や切削課が良い部品を作ってくれている事。溶接後に検査課がしっかり検査してくれているからです。

全社一丸となって良い製品作りを心がけていて、私もその中で作業が出来ることにやりがいを感じます。

仕事の中で心に残っているエピソードはありますか?

坂井:自動溶接機で溶接した品物で不良が発生し、溶接品の全品検査が必要になった事がありました。

そのとき、溶接課だけでなく、他部門の方達からも検査を手伝ってもらい、早く終わらせる事が出来ました。

みなさん忙しいなか、応援してもらい、申し訳ないと思うと同時に大変うれしく思いました。

これからの目標や夢を教えてください。

坂井:現在、いくつかの新しい溶接の仕事を教えてもらっている最中です。

作業工程が多かったり、難しい溶接があったりしてとても大変です。

でも、どんな溶接でもこなせる一人前の技術者になれるように頑張っていきたいです。

ホームページをご覧になっている方へメッセージをどうぞ。

坂井:私が所属している溶接課は、作業者同士が溶接のことや、作業の段取りについてよく話し合ったり、他部門の方ともよく相談します。

他部門の方も同じで、部門内だけでなく、他部門同士でもいろいろと相談しやすい環境です。

ですので、ハセテックについて分からない事があったら、ぜひ聞いてみてください。

いいアイデアが思いつくかもしれませんよ。

ページTOPへ

お問い合わせ後の流れ

Flow

お問い合わせ

お電話、FAX、メールにてお問い合わせを受け付けます。

図面の確認
打ち合わせ

お客様からいただいた図面を確認し、製作に関するご要望等をお伺いします。

お見積り

図面や打ち合わせ内容を基にお見積りを作成します。

試作

試作が必要な場合、本製作と同じ環境で試作を行います。

ご注文(受注)

ご提案内容、お見積り、納期にご満足いただけましたら受注となります。

加工・検査

ご注文内容に沿って加工し、各工程で定められた計測、検査を行います。

梱包・出荷

検査をクリアした製品は梱包され出荷となります。

ページTOPへ

受注から納入までの一貫システムで、貴社のニーズにすばやく柔軟に応えます。
金属加工は、確かな「技術」と「設備」のハセテックにお任せください!

きれいな工場は気持ちがいいな